toggle

about

はじめまして

ご訪問ありがとうございます。

ブログ管理者のpeggです。(14910me@gmail.com)

2018年夏から夫、息子、娘、愛犬のアメリカンコッカースパニエルと共に初心者ながらキャンプを楽しんでいます。

庭BBQから始まり、レンタルを活用しての手ぶらキャンプと手順を踏んで、初めて迎えた幕はtent-mark designのサーカス720dx。

自分たちが過ごしやすい、しっくりくるスタイルを探しつつ、いろんな張り方ができるところがお気に入りです。

今はテントを張って、ご飯を作って…という最低限なキャンプでいっぱいいっぱいですが、目標はゆるゆるのんびりした時間も過ごしつつ、キャンプならではなアクティビティを子供たちに体験させてあげられる余裕を持つこと。

最近は釣りに興味を持った息子のために、釣りが楽しめるキャンプ場もチェックするようになりました。

キャンプをはじめたきっかけ

東北の震災のニュースを見ていた時のこと。

犬を飼っていた被災者の方にインタビューし、犬連れでの避難生活の難しさについて伝える内容でした。

中には避難所に連れて行くことができず、道路に放さざるを得なかった犬たちもいたそうです。

元々ドッグフード、クレートなどは備えていたのですが、それだけでは不十分。

愛犬の安全を確保するためにも、飲料や食料だけではなく「居住スペース=テント」も備えておきたいと感じたのです。

ちょうど巷はキャンプブーム。

自宅近くに大きなアウトドア専門ショップもオープンし、夫や息子はキャンプに興味津々。

本当は虫が大の苦手で、大賛成!とは思えなかったのですが、防災用品を兼ねられるのなら…とキャンプに挑戦する決心をしたのでした。

そんなきっかけだったので、我が家にとってのキャンプは娯楽でもあり防災訓練でもあります。

まだまだ練習中ではありますが、いずれは私ひとりでテントをたてられるようになって、夫不在時でも家族の避難生活を支えられるようになるぞ!と頑張っています。

キャンプで大切にしていること

もともと私も夫も田舎生まれの田舎育ちで、現在の住まいもイタチやタヌキが出るような田舎。

知人にキャンプを始めた話をすると、「庭でテント張ればいいんじゃない?」と言われるほどです。(事実、家から車で5分のところにキャンプ場もある)

そのため、ちょっとやそっとの田舎感や自然では感動が乏しい。

少しでも非日常を味わえるように、田舎といえども民家が多いとなかなか見ることができない満天の星空が楽しめるキャンプ場を選んだり、焚き火でご飯を作ったりしています。

ちょっと不便な場所だったり、ガス調理の方が楽だったりするのですが…

無理のない範囲で「不便を経験し、できるだけ不便を楽しむ」を意識しています。

余裕がない時はもちろん便利なアイテムも使います。

ただ、キャンプをはじめるきっかけが「防災」ということもあり、便利なアイテムが使えない環境も想定して、「限られた条件で何ができるかな?」「何を備えておくといいかな?」と考えながら過ごしています。

初心者の私が伝えられること

まだまだ初心者なのでキャンプでの失敗は多々あります。

ただ、失敗は経験に過ぎないと思うのです。

私が経験した初心者だからこその失敗談や疑問が、これからキャンプを始められる方にとっては役に立つ情報になるはず。

私と同じ初心者の方やキャンプデビューを検討されている方に向けて、成功談やおすすめ情報に限らず、経験したこと、感じたことをそのまま発信していきます。