toggle
2019-05-08

【特捜9第5話ゲスト】 「14の夜」「ちはやふる」「西郷どん」出演 犬飼直紀ってどんな人?


ドラマ「特捜9」第5話に赤羽天馬役で出演された犬飼直紀さん。どこかでみたことある!という方も多いのでは?最近では「14の夜」「ちはやふる」「西郷どん」など注目作品に多数出演する若手俳優なんです。

今回はそんな犬飼直紀さんについてご紹介します。

注目の若手俳優 犬飼直紀さん

犬飼直紀さんのプロフィール

出身:東京都

生年月日:2000年12月9日生まれ

所属:株式会社アイトゥーオフィス

趣味は乗馬、殺陣、スキューバダイビング、パーカッション、歌、ダンス、サッカー、バスケットボール、卓球、スキーと多才な犬飼直紀さん

パーカッションでは東京都代表に選出されたこともあるそうです。

他にも実用英語検定 準1級に日本漢字能力検定2級と文武両道ですね。

芸能界入りのきっかけは?

中学一年生の春に帝国劇場の「レ・ミゼラブル」を観劇し、ミュージカルと出会った犬飼直紀さん

その年の夏にキッズミュージカルスクール・ジュエリーキッズのワークショップに参加したことをきっかけに、ミュージカルの世界へ進みます。

犬飼直紀さんはミュージカルスクールでレッスンを積み、数々の舞台を踏む傍ら、舞台の裏の苦労を学ぶためにスクールのアシスタントスタッフも担当。

真面目な人柄が伝わってくるエピソードですね。

2016年、映画デビュー

2016年に『百円の恋』で「日本アカデミー賞」最優秀脚本賞を受賞した足立紳氏の監督デビュー作品、映画「14の夜」で約750人のオーディションから主役の座を射止め、映画デビューを果たした犬飼直紀さん

「14の夜」は1987年の田舎町を舞台に、思春期真っ只中の中学生たちが繰り広げる青春模様をコミカルに描いた作品です。

犬飼直紀さん演じる主人公タカシと対立するヤンキー役で伊藤健太郎さんも出演していました。

現在、動画配信サービス「hulu」で視聴可能です。

その後も2017年「笑う招き猫」、2018年「ちはやふる‐結び‐」と映画出演が続いています。

2018年、「西郷どん」で大河デビュー

映画だけでなく、窪田正孝さん主演「ヒトヤノトゲ」などドラマにも進出した犬飼直紀さん

すでに大河ドラマデビューも果たしています。

2018年「西郷どん」で北村有起哉さん演じる大山格之助の少年期を演じました。

右端が犬飼直紀さん。

犬飼直紀さんはじめ郷中の子役たちの熱い演技には心打たれました。

「西郷どん」主演の鈴木亮平さんとはドラマ「宮沢賢治の食卓」で共演しています。

舞台、ドラマ、映画と幅広く挑戦している犬飼直紀さん

2016年のインタビューでは「どんな芝居をするのか、作品ごとに楽しみに思ってもらえるような柔軟な役者になりたいです。また、感謝の気持ちや礼儀を心得た信頼される人になりたいです。これは役者としてだけではなく、一人の大人としても目標として行きます。」と語っていました。

今後の活躍が楽しみです♪

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です